絵を描く

イメージがキャンバスに乗る

絵画には100年以上も前に描かれた名画があり、現在も人々を魅了する作品も存在します。その中には、ライトワーカーが描いた作品もあるかもしれません。見る者の心を奪う力がある絵は、画家が意識を高次元の世界と繋げた状態で描いた可能性があります。その状態でいると、光のエネルギーである高波動を受け取ることができ、人々に伝えるべきイメージが思い浮かぶのです。

イメージがはっきりと思い浮かぶ状態ならスムーズに描くことができ、ライトワーカーとしての使命を果たせるでしょう。ぼんやりとしか思い浮かばないのなら、プロの画家でもスランプに陥るかもしれません。その場合はネガティブなエネルギーに侵食されている可能性があるので、ライトワーカーの使命を果たしたいならゆっくりと休むべきでしょう。

絵は視覚的に印象に残りやすい

文章よりもイラストや図の方が人々の印象に残りやすく、短時間の内に思いを伝えることができます。そのため、すぐに人々に光のエネルギーをもたらしたい場合は、絵を公開するのが有効な手段だと言えるでしょう。

あなたがもし、人を癒すために絵を描きたいと思ったら、画家を仕事とすべきライトワーカーなのかもしれません。表現したいものがあるなら、心の中にしまわずに解放させて下さい。ライトワーカーの活動の目的は、人々の心の自由です。ライトワーカーとして目覚めたいのなら、まずは自分の心の扉を開けてあげましょう。