本を書く

文字で世界を癒すライトワーカー

「言霊」という言葉があるように、言葉には不思議な力が宿っています。ライトワーカーの中には、文字を使って世の中に癒しを与える職業に就く人もいるのです。

作家は自分の思いを文字に起こして、未来に伝えることができます。その思いは、何百年、何千年と引き継がれることも。本という形で世界にポジティブなエネルギーを伝える方法は、とても有効な手段でしょう。

作家として活躍するライトワーカーは、書く内容が自然と頭に浮かんでくることが多いようです。これは、高次元な世界と意識を繋げているからでしょう。彼らの本を読んだ人々は、スピリチュアルな感覚に浸ることができ、自分の使命を思い出すこともあるようです。

違和感がある本は読まない

世の中にポジティブなエネルギーを振りまく本がある一方、反対勢力的な本も存在します。それを読んでいるだけで、気分が落ち込んだり、怒りがわいてきたりする物です。このネガティブなエネルギーは、次元の上昇を妨げる原因になります。スピリチュアルな世界と意識を繋げたり、ライトワーカーとして目覚めたりしたい人は、違和感がある本を読むのをやめましょう。

良い本は、私たちを現実から離れた別世界へと連れて行ってくれます。そのような本に出会ったら、その本はライトワーカーが書いた本なのかもしれません。