睡眠時間が変化する

ライトワーカーの症状「睡眠時間の変化」

ライトワーカーとして目覚めると、睡眠時間に変化が現れること多いです。これはアセンションの変化と同様で、心身のエネルギーが今までと比べて高次元に合わせて進化を始めたことで起きる症状だと言えます。

最も多く見られる睡眠時間の変化のパターンは、一度眠りについたものの数時間後に目が覚めてしまい、寝直しても再び数時間後に目が覚めてしまう、といった状況です。特に何があったワケでもないのに何故か何度も目が覚めてしまうようになってきているなら、ライトワーカーとして目覚め始めている兆候かもしれません。

過度に心配したり不安でいたりすると本格的に不眠になってしまう可能性もあるので、余り気にしすぎないようにしましょう。睡眠時間が変化した後のパターンにも、いずれ慣れてきます。慌てず騒がず、ちょっと眠り方が変わったんだな程度に受け止めておくくらいでいるのがちょうどいいですよ。

また、夜中に何度も目が覚めてしまうので、日中に物凄く眠くなってしまったり、一日中ぼんやりと眠い状態に陥ってしまうことが多々あります。可能であれば、昼間にちょっとうたた寝をするなどの対策を取るようにしましょう。睡眠時間が短くなった状態に早く慣れることができます。