体がほてる

ライトワーカーの症状「体のほてり」

アセンションによって次元が上昇していく中で、内にため込んでいたマイナスエネルギーや、自分自身でも忘れていたトラウマが解消され始めるのに伴って体のほてりを覚えることがあります。ライトワーカーの代表的な症状の1つであるめまいと似た状況ですが、このほてりは人体の中に存在するクンダリーニ(クンダリニー)という生命エネルギーがアセンションに合わせて覚醒し始めることで生じるものです。

ほてりの感じ方は人それぞれで、全身が熱を帯びたようにカッカッとほてる人もいれば、顔や耳、手のひらや足など、部分的にほてりを感じる人もいます。内側から火がともったように熱くなるため、汗をよくかくようにもなるでしょう。寝ている時に寝汗をかくほど強くほてりを感じる人も多いです。

この体のほてりは負の感情などのネガティブな要素が全て昇華されるまで続くため、長期間の付き合いとなる場合がほとんどです。突然のほてりに驚き、体調を崩したのではないかと不安になる人もいますが、心配する必要はありません。

リラックスすると身体のほてりは多少なりとも落ち着くので、抑えたい時にはゆっくりとリラックスするように心掛けてください。自分自身を内観し、不要なマイナスエネルギーが燃え尽きるのを待つようにしましょう。