ライトワーカーが抱える主な症状

トップページ > ライトワーカーが抱える主な症状

よく見られる症状の1つは「頭痛」

他の星から地球に転生してきたライトワーカー。本質的に地球の習慣や環境に馴染めない点があることは否めません。

もともと生きていた星は高次元のため波動が軽く、心身において息苦しさとは無縁の世界だったと言えるのです。それが、物質主義の3次元の地球に生まれてきたことで、まず何よりも身を取り巻く波動の重さが彼らを苛むことは想像に難くないでしょう。いつも何故か疲れやすく、原因不明の身体の痛みを訴えることも非常に多く見られます。

最も多く不調として表れる症状は、頭痛です。これは主に、ライトワーカーとして目覚めの時を迎えている人たちの間で多く起きる症状だと言えます。

地球規模、全人類の魂レベルでのアセンション(次元上昇)が始まっている今、人々が怖れを手放して高次元へと向かえるように手助けをする使命を持っているライトワーカーたちもまた、本来の使命を思い出して次元の上昇を始めています。進むアセンションによって宇宙から注がれる高次元の波動が頭を通り、脊髄を通って身体を通過しているため、頭痛が起きたり、頭蓋が膨張しているような感覚を覚えたり、しびれを感じたりといった症状が表れているだけなのです。

身体的な不調には不安を覚えてしまうのが人情というものですが、次元上昇に伴う症状は心配する必要はありません。低次元から抜け出し、魂レベルで進化して、高次元へと進み始めている兆候なのです。

目や耳に症状が表れることも!

ライトワーカーに表れる症状は、他にも目や耳に異変として起きる場合があります。甲高い耳鳴りがするようになったり、耳が詰まったように感じたり、モールス信号のような電子音が響いたり、あらゆる音の変化を耳の奥で感じるようになるでしょう。

こちらも高次元のエネルギーが身体を通るために起きる症状のため、慌てなくても大丈夫です。深呼吸をしたり、瞑想をしたりして、ゆっくりとリラックスしてください。これらの症状が落ち着いてくるはずです。

音の意味を考えたり、理解しようと必死になる必要もありません。ただ自分の中に流れ込んでくる音を受け止めるだけで良いのです。

また、目に起きる兆候としては、視界がぼける、かすむ、ムズムズする、といった症状が挙げられます。具体的に言うと、何となく視界全体にモヤがかかっているように見える、意識してもどこか焦点がぼけている、そんな状態に陥りやすいと言えるでしょう。

特に、瞑想をした後で視界に異変を感じる人が多いです。アセンションの流れの中で自分自身も高次元の波動に合わせる内に、視覚が多次元に向けて開かれてしまったために起きる症状です。

この症状は数ヶ月続くことも多く、焦点が合わないことで視力低下を疑う人も多いのですが、大抵の場合は元に戻ります。もちろん、どうしても心配という場合は眼科に行ってみるのもいいでしょう。

変わり種?電化製品の異常も症状の1つ

ちょっと変わった症状としては、電化製品に異常が起きる、というのもあります。もともとスピリチュアルな話題に強い興味を持っている人、スピリチュアルな能力を持っている人、目覚めを迎えた自覚のある人であれば、身に覚えがあることかもしれません。

部屋の電球がすぐにチカチカする、テレビの画面が乱れたり砂嵐状態になる、スピーカーに雑音が混ざったり音飛びする、時計が不規則に止まったり動き出したりする、パソコンやスマートフォンがフリーズする、などなど、あらゆる電化製品に不具合が生じるのです。もしかしたら今この記事を読んで「あっ、よくある!」と気付いた人もいるかもしれませんね。

こういった電化製品の異常は、自分自身がアセンションするのに伴って変化しているライトボディが関係しています。ライトボディとは、魂に近い所に存在している高次のエネルギー体のことです。

魂が次元上昇するのに合わせてライトボディもまた進化するのですが、その際の電磁的なオーラの変化が電化製品にも影響を及ぼしていると言えるでしょう。ライトワーカーはもともと高次元の存在であったため、電化製品への影響もまた他の人に比べてあきらかに強いのです。

この症状は完全に抑制することは難しいのですが、自分自身のエネルギーが電化製品と上手に馴染むようにイメージして調和を図ることで、落ち着く可能性もあります。