権力を嫌う傾向がある

トップページ > ライトワーカーの特徴とは > 権力を嫌う傾向がある

理不尽な権力を嫌う

権力とは他者を支配する力、相手の自由行動を制限するばかりか、当人が望まない物事を強制することさえ可能とする力の事です。

『光の仕事人』であるライトワーカーは、愛と光に満ちた叡智で人々を救済することを使命として生まれてきます。すなわち、彼らの本質そのものが真実の愛であると言い換えることができるでしょう。

愛とはどこまでも自由を尊重するものであり、支配や強制とは真逆に位置するものです。そのため、ライトワーカーは権力を嫌うのです。

力ずくで他人を思うままにする力は、それを受け入れざるを得ない側の人々に恐れや不満を押し付けるだけのネガティブパワーの塊と言えるでしょう。個人の意思も意見も、まるで最初からないものとして理不尽にねじ伏せてくる力は、圧倒的な恐怖感を与えるものであり、不快なものでしかありませんよね。

真実の愛を持ち、本当の自由を大切にするライトワーカーが、そんな支配と強制にまみれたネガティブパワーに強い抵抗感を覚えるのも自然なことだと頷けるのではないでしょうか。そして同時に、物質世界において絶対的な力を持っているとも言える権力は、ライトワーカーが使命として掲げる人助けをする上で立ちふさがる強大な壁であるとも言えるかもしれません。