組織を嫌う

上下関係を強いられる組織を嫌う

ライトワーカーが権力を嫌う傾向にあることは他のページでもご紹介していますが、同様に組織も嫌う節があると言えるでしょう。

物質社会における現在の地球で築き上げられてきた組織は、権力者をトップに置いた上で細々とした上下関係が組み込まれている体制が基盤として整えられています。本来の人間はひとりひとりが自由であることを本質的に知っているライトワーカーからすると、こういった物質志向からなるがんじがらめ状態の組織という構図は不可思議なものに思えますし、非常に居心地が悪いものでしかありません。組織そのものに反発心を抱いたり、その中に身を投じなければならない状態を強いられることで、本来の自分を抑え込んでしまう傾向があります。

ライトワーカーは自分自身を見つめ直す意味であったり、本当の自分を呼び覚ますために、1人の時間を大切にするといった部分も顕著です。上からの圧力を与えられながら集団行動をしなけれなばらない組織に馴染むことが極端に苦手なのは、そんな一面も持ち合わせているからだと言えるでしょう。

そのため、周囲の人からは「協調性に欠けている」などと評されてしまうことも多く、努力して溶け込もうとすること自体にヘトヘトに疲れ切ってしまうなんてことがあるのです。