人助けしたい気持ちが強い

トップページ > ライトワーカーの特徴とは > 人助けしたい気持ちが強い

人助けがしたいという強い気持ちを持っている

ライトワーカーを端的に説明すると「地球上の人々を助けるために地球以外の星から転生してきた存在」だと言えます。地球に降り立った目的が人々の救済であることを思えば、人助けをしたいという気持ちが強いのも当然だと言えるでしょう。

彼らは地球上で地球人として生まれ育っているため、もともとの記憶や自分自身が持っている能力を知らずにいることがほとんどです。それでも、心の奥底で「人助けがしたい」「人の役に立ちたい」という願いを生まれながらに抱いています。潜在的に人助けに貪欲で、実行に移せるのがライトワーカーの特徴の1つなのです。具体例として挙げるなら、ボランティア活動には必ず参加するなどといった行動を迷いなく遂行することができるでしょう。

ライトワーカーが行う『人助け』の本質は「不安や恐怖といったネガティブなものから人々を解放する」こと。なぜなら、それこそが本当の意味での人助けであることをライトワーカーは知っているからです。

ネガティブな感情は疑心暗鬼や争いのもととなり、あるがままの自分として生きる上での妨げにしかなりません。地球も人々もアセンション(次元上昇)する時を迎えた今、滞りなく高次元へと移行するためにも、低次元で培ってきた価値観と共に手放すべきものなのです。